不倫をやめたい…。不倫相手と別れたいけれど別れられない時の気持ちの整理の仕方

スポンサーリンク

あなたは辛い不倫の恋に悩んでいませんか?

彼はワタシのことをどう思っているの?「きみのことは大切に想っている」「いつか一緒になれたら…」彼はそう言ってくれたけど、その言葉は本当に信じていてもいいの?本当の彼の気持ちが知りたい。

不倫の関係をこのまま続けていて、私はこの先どうなるってしまうのかしら?

彼には帰っていく家庭がある。でも私の心のよりどころは彼一人。

そんな風に不倫の恋が辛くなってきたら、そろそろ終わりにしませんか?

不倫の恋は88%が成就しないという統計結果が出ています。せっかくのあなたの大切な人生の時間を不倫に費やしてしまうのは、もったいないと思いませんか?

とはいえ「いままで何度もそう思い、将来結婚できる相手を探そうとしたけれど、どうしても彼と比べてしまう。彼との居心地のいい関係に舞い戻ってしまう…。」

そんな風に不倫関係の彼と別れたいけれど、別れられない。二つの心に引き裂かれ、苦しんでいませんか?

不倫の恋にはまってしまう原因は、潜在意識の中の深いトラウマとも関係しています。なので、本当に不倫の恋を辞め、あなただけを愛してくれる男性と巡り合うためには、まず、あなた自身の深いの心の中を探り、その原因を見つけ出し、それを解消する必要があります。それをせずにただ今の彼と別れても、また違う形で辛い恋愛を引き寄せ苦しむことになります。

「どうして自分は辛い恋にはまってしまったのか?」

この記事を読んでいただくことであなたはそんな普段は気づくことができないあなたの心の深い部分に隠された答えを見つけてもらえます。そして、辛い恋のマイナスのスパイラルから根本的に抜け出す方法を見つけてください。

でも、しっかりと自分の心と向き合い、不倫を卒業した後には、運命の人との出会いが待っています。みんなから祝福されるあなたの姿をイメージしながら、この記事を読み進めてくださいね。

不倫が辞められない理由1 不倫は罪悪感という障害が純愛を高める

人の心理は不思議なものです。障害があればあるほど、恋心は燃え上がります。

不倫の関係では、最初から、彼には家庭があるという障害があります。また彼の奥さんや子供に悪いという罪悪感を感じるものです。でもそんな罪の意識があるがゆえに、余計に彼への気持ちが燃えがり、別れづらくなってしまうのです。

そんな時は「もし、彼とすんなり結婚できる関係だったら、今ぐらい彼のことが好きになっていたかしら?」少し冷めた目で彼との関係を見直してみましょう。

不倫が辞められない理由2  刺激中毒になっていませんか?

不倫の恋では、心が安定することはありません。彼の奥さんに嫉妬したり、連絡が来なくなったら、途端に不安になったり、別れようと思っても彼に引き留められると、やっぱり愛しさがこみあげてきたり…。

心はいつもジェットコースターを乗っているように、感情のアップダウンを繰り返すします。そしてこの刺激がいつしか快感になってしまう、つまり刺激中毒が不倫の恋にはまる原因になることがあるのです。刺激を感じる時脳内にはに分泌されるホルモン、アドレナリンが分泌されます。これは、ギャンブルやスポーツなどで興奮した時に分泌されるホルモンなんですね。

そんな時は、ごくごくふつうの何気ない日常の中にも、楽しいこと、ほっと幸せを感じられることを探す習慣をつけてみてください。とくに幸せを感じている時に分泌される脳内ホルモンのセロトニンの分泌を増やすことで、刺激がなくても、幸せや満足感を得られやすくなります。セロトニンの分泌を促してくれるアロマのラベンダーの香りなども有効です。お部屋のラベンダーの香りをたいて穏やかな幸せにひたる時間を過ごしましょう。

不倫が辞められない理由3  いつか自分と結婚してくれるかもしれないと期待してしまう

「家庭はもう崩壊している。でも子供が学校を卒業するまでは別れられない。でもその後に一緒になろう」そんな言葉で、不倫の彼から引き留められていませんか?

ただ少し厳しい現実を言うようですが「いつか結婚しよう」のいつかは単なる時間稼ぎです。占い師をしていた当時、不倫の相談は毎日10件ぐらい聞いていましたが「いつか」がやってきたケースはほぼありませんでした。言葉であなたを引き留めたいのは、彼の弱さであり、ずるさでもあります。

彼の言葉に期待して、あなたの大切な時間を無駄にしてはだめですよ。彼が離婚してあなたを選ぶ時は「いつか」という言葉は使いません。少し辛いですが、現実を見る勇気を持ちましょう。

不倫が辞められない理由4  押しが弱く流されやすい

別れ話を切り出した時の彼の悲しそうな顔をみると、つい情にほだされてまたずるずる関係を続けてしまう。そんなことはありませんか?

不倫をする男性は、甘え上手で、女性の心をくすぐるのがうまいタイプがいます。母性本能が強い女性はそんな男性を見ると「この人は家庭で居場所がないのね。この人には私がいないとだめ」なんて不倫にはまってしまいがちです。とくに不倫の関係の始まりが、彼から熱心なアプローチで始まっている場合は要注意です。

「この人には私がいないとだめ」と思ってしまう時は、実はあなた自身が彼に依存しています。お互いにもちつもたれつなので、情が深くなり、何年も腐れ縁になりやすいのですね。

そんな時は、自分の未来を信じて先が見えない関係を断ち切る勇気を持ってください。そこから新しい人生が始まりますよ。

不倫がやめられない理由5   父親的な男性を求めてしまう心理

不倫の恋にはまる心理的な理由。それは無意識的に不倫関係の彼に父親の愛を求めてしまうことです。

幼児期になんらかの形で父親の愛情を受け取れないと、父親的な愛を与えてくれそうな男性に心惹かれることがあります。そして子供のころにもらえなかった父親からの愛を、その変わりに不倫関係の彼から満たしてもらおうをするのですね。

ただしこれは最終的にはうまくいきません。なぜなら、不倫関係の彼は父親ではなく、父性的な愛をあなたに与えることはできないからです。なので、あなたは結局いつまでも満たされない心を抱えたまま、愛を求め続けることなります。

この父親の愛を求める心理は、潜在意識の中でもとても根深い部分から生まれるトラウマと関係しています。(これをギリシャ神話の名前をとって「エディプスコンプレックス」「エレクトラコンプレックス」と呼びます)。なので一度心理カウンセリングを受けるなどして、自分自身のトラウマを解消することが必要になります。

結婚している男性は、あなたとは結婚できないという罪悪感から、あなたに優しく接してくれることも多いのですね。また社会的にステイタスのある男性だったら、同年代の男性にはできない世界をあなたに見せ、体験させてくれるかもしれません。ただ、そこにはまってしまうと、本当の運命の人との出会いからは遠ざかってしまいます。

不倫の彼に父親を重ねている時は「ああ、私は父親からの愛情が欲しかったんだな」ということに気づいてください。彼の好意に甘えるのはOKですが、そこに溺れることなく、彼から巣立つ準備をしてください。そして今度は自分がいい男に育ててあげられる運命の人を見つけてくださいね。

まとめ

不倫の恋は残念ながらハッピーエンドで終わることの少ない恋です。辛いと思った時が不倫の辞め時です。

ただ不倫の恋にはまってしまう原因は、潜在意識の中の深いトラウマとも関係しています。それを解消せずに、ただ今の彼と別れても、また違う形で辛い恋愛を引き寄せ苦しむことになります。

まず、あなた自身の心の中を分析して「どうして自分が辛い恋にはまってしまうのか?」というマイナスのスパイラルから根本的に抜け出す方法を見つけてください。もちろん、一人で見つけられない時は、お気軽に相談してくださいね。

スポンサーリンク

あなたはまだ不毛な恋愛をくりかえしますか?

それとも愛されて幸せに生きる未来を選びますか?

結婚・恋愛成就コンサルティング

出会いが無い

好きな人に振り向いてもらえない

恋愛が結婚につながらない…。

そんなお悩みを抱えていませんか?

もしそうならお一人で悩まずぜひ一度ご相談ください。

あなたの不安を希望に変えるお手伝いをします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です