これが本当の引き寄せの法則  ~なりたい自分になれる5つのステップ

「ザ・シークレット」で一躍、脚光を浴び、古くはナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」でも多くの成功者たちが活用していたという「引き寄せの法則」。

「イメージしたことが現実になる」これが引き寄せの法則の基本です。

でも、現実はなかなかうまくいかないことも多いのではないでしょうか?

今回はわかりやすい形で本当にうまくいく!真実の引き寄せの法則についてまとめてみました。

引き寄せの法則は波動の法則

いいことが起こるときは、良いことが続き、悪いことが起こると立て続けに悪いことばかり起こる。そんな経験はありませんか?

人もモノもすべてラジオの電波のような振動を放っています。これを波動(エネルギー)、古くは気とも呼んでいます。

つまり「イメージしたことが現実になる」とは「あなたが発した波動(エネルギー)があなたが体験する現実の世界を作っている」という意味です。

さて、人が放つ波動(エネルギー)を決めるもの、それはその人の感情や思いです。

引き寄せの法則では「快を感じる」ことで「それに見合ったいいことが引き寄せられる」と書かれていますが、それが思いが現実を引き寄せる仕組みです。

なので本当に引き寄せの法則を発動させるためには、頭で考えるのではなく、感じる力、エネルギーを高めることが重要です。

また風水が願望実現に効果的なのも、風水によって場の波動(エネルギー)を高ることで、良いものや望む現実を引き寄せやすくなるからなんです。

私は専門家ではありませんので詳しい説明は省きますが、これは全ては振動を持つ波動(エネルギー)であり、似たようなものをひきよせるということは量子物理学でも証明されています。(ご興味のある方は、量子力学を理解するのに役立つ本を読んでみてくださいね。)

とはいえ「じゃあ、いいことばかり考えていたらすべてうまくいくの?」という訳にはいかないのですね。

ここで引き寄せの時にはまりやすい間違いやコツなどを知っているのと知らないとでは、引き寄せる力が断然変わってきます。

さて「望む未来を現実化させる」ためには、次の5つのステップが基本です。
これからお話しすることは、あなたの中の常識を変えてしまうかもしれません。でも、常識をひっくり返すことで、今まで体験できなかった世界に生きることができますよ♪

【引き寄せの5つのステップ】
1、望み未来を決める(方向性を決める)
2、それが実現しているところを体感できるレベルでイメージする
3、願望が叶うレベルに波動(エネルギー)を高める
4、引き寄せの妨げになるものを浄化する
5、運よく生きる法則を習慣にして引き寄せ力を安定させる

こうすることで、気がついたらあなたはなりたい自分になっていたことに気づくでしょう♪

では一つずつお話ししていきますね。

1、望む未来を決める ~時間は未来から過去へ流れる

実は、時間は未来から過去へと流れていきます。未来(方向性)を決めることで、今の生き方が決まります。

あなたの心にふっと浮かぶ願い、なぜかわからないけれど自分はこうなりたいと思っていること、これはすべて実現可能です。

言い換えると実現可能だからこそ、今、願いとしてあなたの心に浮かんできているのですね。

● 動機が不純だと願いは叶わない?!

ただし「ニセモノの願い」があります。人を見返したい!世間ではこれがいいとされているから、これをしたら人から認められる、これができたら苦しみから解放される、そんな動機で未来を決めると、ほぼうまくいきません。

うまくいっても幸福感、満足感は得られません。ここに気をつけないと不毛なループにはまります。

ここにはまらないためには「目標」だけではなく、なぜ自分がその方向へと向かいたいのか?という「目的」が必要です。

例えば、なでしこジャパンは、優勝することが「目標」でした。でもそこには「優勝することで震災で苦しんでいる人に希望を与えたい」という目的があったからこそ、偉業を成し遂げることができたのです。

この目的は、多くの人を巻き込み、できるだけたくさんの人を幸せにつながるような目的を持つと願望実現は加速化します。

 

2、願望が叶うレベルに波動(エネルギー)を高める ~最高の波動は感謝

未来(方向性)が決まったら、自分がそこにいることをイメージします。引き寄せを起こす二つ目のステップは波動(エネルギー)を高めることですが、未来をイメージしてそれが叶って嬉しい、感謝という高い波動が望む未来を引き寄せます。

よく「ありがとう」というと運気があがる、と言われますよね。

それは「ありがとう」にこめられた感謝の波動が一番高い波動だからです。

「ありがとう」を漢字で書くと「有難う」つまり「有難い=めったない奇跡的なこと」という意味になります。

まさに感謝は奇跡を起こす、高い波動なんです。

ちなみに一番低い波動は「恥」。「そんなこと考えている自分なんて恥ずかしい」そんな思いがあると、願望は現実化しにくくなるのも不思議ではありませんよね。

自分の欲には正直になるのが正解です♪

3、引き寄せの妨げになるものを浄化する

引き寄せの基本は「いい気分を感じることで、いいことが引き寄せられる」です。

とはいえ、本当はネガティブでいっぱいなのに、無理にいい感情、ポジティブな気持ちを持とうとすると、逆効果になるだけなんです。

いい気分を感じるためには、まず、あなたの物事のとらえ方、考え方のクセを変えていく必要があります。

あなたの思いは現実化します。でも現実化するのは「頭=顕在意識」ではなく「心=無意識」の思いなのですね。

例えば、いくら頭で「お金が欲しい」と思っていても、無意識のレベルでは「お金は汚い」などのマイナスの感情を持っていると、お金は絶対入ってきません。

ちなみに、意識の構造としては「頭=顕在意識」が4%、「心=無意識」が96%と言われています。これじゃかないっこありませよんね(^^;

イメージしても現実化しない。そんな時は、あなたの無意識の中にブレーキが隠されています。

ブレーキがあると、いくら感謝して波動を高めても、アクセルを踏んで再度ブレーキをかけているようなものです。車は前にすすみません。

「メンタルブロック」はトラウマや親や世間からの刷り込みなどから生まれてきます。これを浄化(クレンジング)することなしに引き寄せは起こらないのです。

5、運よく生きる法則を習慣にして引き寄せ力を安定させる

あなたが発する波動(エネルギー)を作るもとは「感情」です。そして「感情」を生み出すのは考え方のクセ、ものごとのとらえ方です。

そして考え方クセ、ものごとのとらえ方は毎日の習慣や環境から生まれます。

引き寄せを邪魔するメンタルブロックは過去のトラウマを癒すと解消します。で、トラウマそのものは、いろいろなセラピーや心理療法などで比較的簡単に癒すことができるのですね。でも考え方のクセを直さないと、また、違った形でトラウマ的な出来事をひきよせます。

たとえば、足を組むクセがあって、骨盤がずれていたとしますね。骨盤のズレは程度にもよりますが、プロの手にかかれば30分もあれば矯正できるでしょう。でもそもそも足を組むクセを直さないと、またすぐに骨盤はずれてしまいます。

引き寄せもこれと一緒。トラウマを一時的に解消しても、考え方のクセや、自分を取り囲む人間関係などの環境を変えないと、結局すぐに元通りになるだけです。

引き寄せ力を高めるとは、運を良くする生き方です。毎日の習慣、環境を運を良くする法則にのっとって、引き寄せ力を安定させましょう。

引き寄せで一番大切なのは「自分軸」で生きること

引き寄せの法則を効果的に働かせるために一番大切なこと。それは「自分が現実を創造している」という意識を持つこと、つまり自分軸で生きることです。

『上手くいかないのは環境が悪い』『あの人が変わってくれたらうまいくのに…』そんな考えにいるときは、自分に力がない、つまり他人軸で生きています。

自分を責めるのではなく「良いことも、そうでないことも全て、今の現実は自分が作っている」そんな意識を持ちましょう。

そうすることで望まないものは変え、望むものをひきよせるパワーが生まれてきますよ♪


3日に一度♪ 朝の3分で幸せになるレッスンをしませんか?

運がいいか悪いかは
「運を良くする法則」を知っているか知らないかの違いだけ。

どうせなら、運が良くなる方法を知って、幸せになりませんか?

無料メールセミナー「幸せになる運の法則」では
運を上げるコツをギュギュっとお伝えしちゃいますね。
運を良くするのは筋トレと一緒。

3日に一度♪ 朝の3分メールを読むだけで
気がついたら幸せになっちゃってますよ。

★ただ今「幸せになる運の法則」をお申込みの方に2大特典!プレゼント中

プレゼント1 「あなたの夢がみるみる叶うムーンサイクル開運術」(電子書籍)

プレゼント2 「開運カレンダー」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です