おさえられない怒りを感じたときには?

スポンサーリンク

「怒る」というとネガティブな印象がつきまといますよね。

「そのぐらいのことで怒るなんて器が小さい」とか「いつも怒らず、穏やかなのがいい」とかとらえられがちです。

確かに、怒りっぽい人って嫌われがちですし怒ることで大切な人間関係を壊してしまうこともありますよね。

でもね

本心では傷つき怒っているのにそれを抑圧すると今度は自分を責めたり鬱状態になっちゃうのです…。

またはっきり言って怒らない人はなめられてしまい何をしても大丈夫と心ない人のえじきにされがちです。

だからこそ怒りって取り扱いがやっかいですよね。

でも怒りってとても大きな感情エネルギーなのでうまくつかうと現状を打破するきっかけにできたり自分の夢を叶えていくエネルギー源に変えていくこともできるのです。

ということで今回のテーマは「怒りと上手につきあって自分のエネルギー源に活用する」です。

さて、そのためにと~っても参考になる本が実はあるのです。

それが「怒っていい?」です。

はっきり言ってこの本を読んでいただくと怒りに関することはこのブログ読まなくても大丈夫(^^:

なのですが、ちょっと気になった部分をご紹介させていただきますね。

「怒りはあなたの大切なものを守ってくれる大切な感情」とされています。

怒りを抑えてしまう理由ってだいたいこの3つからですよね(本からの受け売り^^;

1、嫌われるのが怖いから
2、仕返しがこわいから
3、相手を傷つけてしまうのがこわいから

で、こう感じる心理の奥には「怖れ」があります。

それは自分にとって大切だと思っているものが脅かされるのではないかという怖れです。

怒りをコントロールするためにはまず、自分の中の怖れと向き合いこれを乗り越えていく必要があるのですね。

そして、怒りを感じた時はあれこれ原因を探るのではなく次のふたつの質問をご自身にしてみてください。

——————————————————

・ 私が怒りで守ろうとしている大切なものはいったい何だろう?

・それを守るためには、何をしたらいいだろう?

——————————————————

この質問をすることであなたにとって本当に大切なもの守りたいものに気づくことができちゃうのです!

ああ、私はこれを大切に思い守りたかったんだ~って。

そしたら後はコミュニケーションのやり方次第で自分の思いを上手に伝えていくことが楽にできるようになりますよ♪

ちなみに、この本を読み進んでいくと「縁を切ることは縁を結ぶことと同じぐらい大切」そのことが腑に落ちてきます。

実は運命学的にも縁切りってとても大切なんです。

でもやたらめったら切ったらいいわけではもちろんなく(^^;

やることをやって完了させその関係から卒業することが本当の縁切りなんですね。

今回は怒りの感情を通じて

・ 自分が本当に大切にしたいものは何か?

そこを深く探ってみてください。

そうすると自然に「これはいらない」と必要ではなくなったものを手放していくことができますよ♪

あなたはまだ不毛な恋愛をくりかえしますか?

それとも愛されて幸せに生きる未来を選びますか?

結婚・恋愛成就コンサルティング

出会いが無い

好きな人に振り向いてもらえない

恋愛が結婚につながらない…。

そんなお悩みを抱えていませんか?

もしそうならお一人で悩まずぜひ一度ご相談ください。

あなたの不安を希望に変えるお手伝いをします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です